2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2011'10.29 (Sat)

戦闘中・会話中・チャット中

お題「戦闘中・会話中・チャット中」

system:オデュリガスさんがチャットルームにインしました。

オデュリガス:こんにちわ~
オデュリガス:あれ、誰もいない?
だるまダル:こんにちは
オデュリガス:あ、だるまさん
オデュリガス:いたのね
オデュリガス:他の人は?
だるまダル:まだだれも
オデュリガス:ふ~ん
オデュリガス:なんだ。今日はすごくみんなとチャットしたい気分なのに
オデュリガス:まあ、待っていればいずれ集まるっしょ
オデュリガス:だるまダルさ~ん
オデュリガス:……
オデュリガス:お~い、ダルちゃ~ん
オデュリガス:いま、なにしてる~?
だるまダル:戦闘中です
オデュリガス:?
オデュリガス:あ~、ネトゲでもやっているのかね
オデュリガス:いいよ~。半ロムでもいいよ~
オデュリガス:こっちは勝手に喋っているから
だるまダル:すみません
オデュリガス:今日さ、仕事でさ
オデュリガス:上司からメッチャイヤなこと言われてブルーなのよ
オデュリガス:もう、ブルー通り越してダークって感じ
オデュリガス:だから、みんなとチャットして楽しい成分を補充しようかと


system:みっこたん☆さんがチャットルームにインしました。

みっこたん☆:こんにちは
オデュリガス:お!みっちゃん、こんにちは!
みっこたん☆:オデュさん、テンション高いですね
オデュリガス:うん~
だるまダル:ダークですか
オデュリガス:だるまさん、レス遅!
みっこたん☆:?
オデュリガス:だるまさん、ネトゲで戦闘中だからレス率低いのよ
みっこたん☆:ああ、了解です
オデュリガス:まあ、いつもレス遅い方だけどね
みっこたん☆:まだタイピングが慣れてないんですよ
みっこたん☆:ロムだけでもチャットは楽しいですし
オデュリガス:だよね~
オデュリガス:みっちゃんはいま、何しているん?
みっこたん☆:会話中です
オデュリガス:?
オデュリガス:電話とかスカイプ?
みっこたん☆:いいえ。オデュさんとかダルさんと会話中です
オデュリガス:なるほどね~
だるまダル:すみません
オデュリガス:だからレス遅っ!
みっこたん☆:まあまあ、いいですよ
オデュリガス:今日さ、リアルの方でイヤなことがあったのよ
みっこたん☆:そうなんですか
オデュリガス:上司が有り得ない命令してくるからさ
オデュリガス:もうね、パワハラもいいとこ
みっこたん☆:それは大変ですね
オデュリガス:だよね~
みっこたん☆:私なんて何も言ってもらえない時の方が多いですよ
みっこたん☆:だからいつも一人というか
オデュリガス:それはそれで辛いけどさ
オデュリガス:ある意味、信用されている証拠なのかもね
みっこたん☆:そうなのかな……
オデュリガス:そうだよ、きっと
オデュリガス:私もガミガミ言わない上司がいないとこに行きたいな~
だるまダル:パワハラですか
オデュリガス:だから遅いって!
みっこたん☆:まあまあ、気にしない
オデュリガス:みっちゃんはさ、最後の日って何をしていたい?
みっこたん☆:最後っていうと?
オデュリガス:う~ん、平たく言えば
オデュリガス:人生最後の日
みっこたん☆:……
みっこたん☆:あまり穏やかな話ではないですね
オデュリガス:ちょっと話題が重くてゴメンね
みっこたん☆:いえいえ。よくある話題だから、それ
オデュリガス:宝くじで一億当たったらどうする?とか
みっこたん☆:ヒマな時の定番会話(笑)
オデュリガス:確かに(笑)
みっこたん☆:人生最後の日ねぇ
みっこたん☆:私は普通にでいいかな
オデュリガス:普通に?
みっこたん☆:うん。特に大それたことをしたいわけじゃないし
みっこたん☆:そんな勇気もないから
みっこたん☆:こんな風にチャットとかしている日常で終えるのがいいかな
オデュリガス:……
オデュリガス:なるほどね
みっこたん☆:オデュさんは?
オデュリガス:まあ、私も
オデュリガス:同じ、かもね
みっこたん☆:なるほど。みんな、そんなものなのかも知れませんね
だるまダル:わたしは、たたかっていたいです
オデュリガス:はいはい。ネトゲ厨乙
みっこたん☆:(笑)
みっこたん☆:ところで、オデュさんはいま何をしているんですか?
みっこたん☆:仕事しながら?
オデュリガス:うん。それもそうだけど
オデュリガス:チャット中
みっこたん☆:それはそうでしょうね(笑)


口にくわえた棒を伝って、唾液がキーボードに落ちる。それでも男性は懸命に、一文字一文字をタイピングしていった。
病院の一室にて。そこには男性以外の患者はいない。
以前まではあと二人ほどいたが、一人は家族に引き取られていき、もう一人は昨晩に首を吊って自害した。
真っ白なシーツがしかれたベッドで、男性はノートパソコンを前に奮闘している。
男性の両手両足はない。戦地の地雷で千切り飛ばされたのだ。
この病院はそういった戦地で負傷した者達で溢れかえっている。
胴体と頭だけの芋虫みたいな体で、男性は口にくわえた棒だけでキーボードを打つ。
一文字を打つだけで首が痙攣しそうになり、顎の筋肉は吊ったまま凝り固まっている。
それでも男性は顔を赤くし、息を乱してまでチャットをする。額から流れ落ちる汗も、垂れ流した涎も拭く腕はもう男性にはない。
それでも男性はチャットをする。必死でキーボードに向き合う。
ディスプレイに映った電脳の世界。たった三人しかいないチャットルームが、男性がまだ真っ当な人間であると認識できる証なのだ。


女性は背後に人の気配を感じて振り返る。そこにいた夫はやや驚いた様子だった。
「音がなくても気付くなんてすごいな」
その声は女性の耳に届かない。いや、女性の耳はどんな音も聞き取れない。
生まれた時から聾唖者なのだ。
リビングの机でパソコンをしていた妻に、夫は一枚の紙を差し出す。妻がそれに目を通し、顔を上げたのを確認してから手話をする。
「あとは、君が、判を押す、だけだ。すまないが、役所へは、君が、出してくれ」
離婚届だった。
夫はこれから徴兵により戦地へ赴く。自国の戦況が思わしくないのは明白で、生きて帰れる見込みが薄いだろうと誰もが口にしている。妻を未亡人にして余生を過ごさせるのは心残りだ。せめて未練などないように籍を抜いておこう、と。
当然ながら体の良い言い訳だということは、お互いが一番よく知っていた。夫婦関係など、とっくの昔に冷め切っている。
妻は憂いを帯びた顔を夫に向け手話をする。夫は溜め息を吐いて手話を返した。
「だから、もうその話はよそう。僕はこれから、戦争に行く。君の元に帰れる、保障はない。お互いに、納得したことじゃないか」
それでも妻は手話を止めない。夫も素早い手つきで応酬をする。
「今更、何を話し合おうって、言うのさ。もう、済んだことなんだよ。黙って、戦地に送り出してくれ。僕だって、辛いんだ」
そこで妻は一旦、手を下げる。そして決意をしたように、丁寧な手話で言った。
夫は泣きそうに顔を歪め、目をそらして返事をする。
「ああ、そうだよ。本当はもう、君と一緒に居たくないんだ。まともに声が届かない相手と、これから先も過ごさなくちゃいけないなんて、苦痛でしかないよ」
目元を抑えてガクリと膝をつきながら、夫は吐き出すように言った。
「僕は普通に会話が出来る女性と夫婦になりたかった」
相手が音を聞き取れないからだろうか。夫は年甲斐もなく声を上げて泣いた。
窓から夕日が差す。どうしようもない哀愁が、二人しかいない部屋を真っ赤に染めた。
妻はテーブルから離れると、夫の前にしゃがむ。そしてまた、ゆっくりと丁寧に手話で告げた。
『私は今、初めてあなたと、本当の会話をした、気がします』


「おい、オデュリガス二等兵。貴様、いい加減にスマートフォンを手放せ」
上官からの叱責に、オデュリガスはようやくスマートフォンから顔を上げた。
瞳は虚ろで、顔面からは血の気が引いている。これが死相というものかと上官が思っていると、前方から激しい爆音が轟いてきた。
オデュリガスの顔から更に生気が失われる。他の隊員達も同様に、声を押し殺して震えていた。
それが先発部隊が自爆行為をしたことを、隊員達も当然ながら知っているのだ。
どう足掻いても勝機などない戦線である。残された選択肢は敵軍の捕虜になるか、名誉のために散るか。
先発部隊が選んだ名誉が、敵軍を巻き込んでの自爆であった。部隊長の命令だったと聞く。
オデュリガスは恐怖でガチガチと歯を鳴らしている。そしてスマートフォンに表示されたチャットの文章を、目で追い続けた。
「何が戦闘中だよ、クソが。こっちは戦線の真っ只中なんだよ。何が会話中だよ、ふざけんな。平和ボケしやがって」
ブツブツと独り言を呟くオデュリガスだったが、他の隊員は見向きもしない。何故なら彼らも、他人に構っていられるような精神状態ではないからだ。
スマートフォンを乱暴に押して、ただただ文字を入力していく。
話し相手は誰でも良かった。平静を装ってチャットをしていることが、唯一オデュリガスの精神が暴れないように制御しているのだ。
そんな魂の寄りどころであるスマートフォンを、上官が無慈悲に奪い取る。
そして替わりに冷たく重い一丁の拳銃を握らせる。
「玉は一発しか入っておらん。自ら引き金をひけない奴は申し出ろ。俺が介錯してやる」
次々と隊員達に拳銃が手渡される度に、すすり泣く声が合唱のように響き渡る。
「我が部隊は敵軍の捕虜なんぞには決してならん。潔く自決を図ろうぞ、戦友共!」


system:オデュリガスさんがチャットルームから抜けました。

お題提供・ランチパックの巴御前、すばるん Thanks!
スポンサーサイト
22:46  |  三題噺  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。