2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2012'11.27 (Tue)

幽霊の正体みたり!

二歳になる娘を寝かしつけていた時の話しです。

なかなか寝ようとしない娘に困った私は、まぁ全国の親子さんなら一度は使うであろう手段を行使しました。
「早く寝ないと幽霊が来るよ~」
すると怖がって布団に潜ろうとする娘。成功です。
他にも鬼が来るバージョンもあるのですが、ふと疑問に思いました。

この娘、幽霊って何だか知っているのだろうか?

ある程度、大人になれば霊魂や呪怨の類いが如何なるものか認識するでしょう(実在するかは別にして)。
しかし物心つかない二歳児が幽霊を恐れるとは、これ如何に?
もしや生き物の潜在意識として幽霊を恐れている。だとすればこれは幽霊に対する認識を改めなくてはならないきっかけになるのでは! と幽霊完全否定派の私は思いました。
そこである実験を思い付いたのです。
「幽霊」以外のもので同様のシチュエーションを行なったら、二歳児はどんな反応を示すだろうか?

つまりこうです。「◯◯が来るぞ~」のところに全く恐れる必要のない単語を入れてみるのです。
鬼、は結構使いましたが、鬼は恐いという先入観があるからでしょう(ナマハゲや童話の泣いた赤鬼など)
曖昧過ぎず物質的な単語も違う気がする。冷蔵庫や一酸化炭素、違う…。いや、一酸化炭素は色々な意味で恐い。
そこで頭に浮かんだ、ある人物を使うことに決めました。

「早く寝なさ~い」
「きゃっきゃっ♪」
「あーあ、パパ知らないよ」
「?」
「早くしないと、アレが来るよ…」
「!」
「アレっいうのは…」
「((((;゚Д゚)))))))」

「…糸井重里」

ハッとして震えながら布団に潜りこむ娘!
布団の端から顔を覗かせる娘に訊ねます。
「糸井重里、恐い?」
「…うん」
成功です! 実験は成功しました!
二歳児の娘は幽霊という存在ではなく、単にシチュエーションを恐れていただけでした!

ちなみに
「ねえ、糸井重里って何か分かっている?」
「えっ」
素の反応をする娘。
結局、糸井重里が何か分からず恐がっているようです。

それ以来、娘はよく分からない「いといしげさと」を恐がるようになりました。
六歳の息子は笑い転げ、嫁は呆れています。

何に怯え、何に恐れるかは人それぞだと思います。
でも「オカルト」や「幽霊」と呼ばれるものの正体が、チラリと見えた気がしました。


ちなみに糸井重里さんは昔テレビに出ていたタレントです。
「愛しさと 切なさと 糸井重里~♪」と唄うと、スゴく語呂がいいです。

過去の作品集です。

三題噺カテゴリはこちら♪


傲慢に書き綴ったル・ヴィアンディエ
どうやら俺は過去のフランスへタイムスリップしてしまったらしい。受け入れたくないが、これが真実だ。

駄・ランプ
  だからまさか、高校生になって本当にランプの魔人と出会うことになるとは夢にも思わなかった。
 当時の熱が一気に再発して、鼻血を出してぶっ倒れると懸念したが、幸いにも一回目の願いが「救急車呼んで」にならなくて済んだ。
 いや、残念ながらといった方がいいだろう。
 何故ならそのランプの魔人である女子大生のリイナは、面倒くさげにこう言ったのだ。
「はい、じゃあね。さっさと願い事を三つ……いや二、やっぱり一つだけにして下さい。ダルいんで」
 眠い目をこすり、はだけたパジャマを身にまとったランプの魔人を前に、僕の幼い頃の夢は儚くも音を立てて崩れ落ちていった。

私の星乞譚。~孤独なライオンと小さな王~
 これはまだ、夜の天空に今の半分以上も星がなかった頃のお話。
 そして星を乞い願い、星座を結ぶことを強く望んだ人々のお話。

なんしきっ!
 困惑したように小首を捻って考え込む安西。テニス、まではもちろん知っているが、ソフトテニスという単語に解釈がない。
「なに? テニスってソフトとかハードとかってあるの? なんだかコンタクトレンズみたいね」

儀式人の楽園
 ここ、『フェリスタシオン迎賓館』は幸福と輝きに満ち溢れた、一つの楽園のようなものだ。
結婚式の主役はあくまで新郎新婦だが、
 そんな主役に仕える我々、一人一人のスタッフにとってここは『儀式人の楽園』なのである。

「萌え」と剣
 24年前に生き別れになった父親・邦夫に会うため東京に向かう正宗。彼の胸の中には歓喜と不安が葛藤を繰返していた。
 何故ならば、父が指定した再開の場所は「メイド喫茶」だったから…。
父と息子。萌えと武士道。メイド喫茶と理想のサービス。これはそんなお話です。

「ヨーグルト……。……いいえ、ケフィアです!」

どこまでもひたむきで、真っ直ぐで、目の奥に強さを秘めた瞳を輝かせる彼女。
その瞳に見つめられると、僕は心の底にある淡い気持ちを再認識させられてしまう…。
あぁ、初めて会った時から、彼女のこの瞳に惹かれていたのだ、と。
そして彼女がそうしたように、僕も心の中で決意をあらたにした。それは、何があろうとも、彼女を守るということだった。
華奢な体に不釣り合いなほど、力強く前を向き続ける瞳を、僕は守ってみせる…!
スポンサーサイト
21:05  |  その他  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2011'11.23 (Wed)

三題噺やってるよ♪

どうも、かなりお久しぶりの要人です。

元気ですか? 元気ですよ! 元気があれば何でもできるよ! 

元気がなくても、そこそこ出来るよ!


さてさて、先日ですがとあるネットゲーム内で、あまりに暇だったので三題噺のネタを頂きました。

三題噺とは、適当な単語を三つ言ってもらい、それをテーマに物語を完成させるというものです。

ラノベの文学少女では有名なアレですよね♪

最近は投稿用の小説もひと段落着いたので、筆を休めないためにと思ってやってみましたが、

これが意外と面白い! 面白すぎる!

やってみると思いの外ハマってしまいました。

そこでせっかくならと、出来あがったものをブログに上げてみようかな、と思った次第です。

これからも暇を見つけてはやっていこうと思いますので、

皆様もお暇ならご覧くださいませ♪


それでは、また☆

三題噺カテゴリはこちら♪








過去の作品集です。

私の星乞譚。~孤独なライオンと小さな王~
 これはまだ、夜の天空に今の半分以上も星がなかった頃のお話。
 そして星を乞い願い、星座を結ぶことを強く望んだ人々のお話。

なんしきっ!
 困惑したように小首を捻って考え込む安西。テニス、まではもちろん知っているが、ソフトテニスという単語に解釈がない。
「なに? テニスってソフトとかハードとかってあるの? なんだかコンタクトレンズみたいね」

儀式人の楽園
 ここ、『フェリスタシオン迎賓館』は幸福と輝きに満ち溢れた、一つの楽園のようなものだ。
結婚式の主役はあくまで新郎新婦だが、
 そんな主役に仕える我々、一人一人のスタッフにとってここは『儀式人の楽園』なのである。

「萌え」と剣
 24年前に生き別れになった父親・邦夫に会うため東京に向かう正宗。彼の胸の中には歓喜と不安が葛藤を繰返していた。
 何故ならば、父が指定した再開の場所は「メイド喫茶」だったから…。
父と息子。萌えと武士道。メイド喫茶と理想のサービス。これはそんなお話です。

「ヨーグルト……。……いいえ、ケフィアです!」

どこまでもひたむきで、真っ直ぐで、目の奥に強さを秘めた瞳を輝かせる彼女。
その瞳に見つめられると、僕は心の底にある淡い気持ちを再認識させられてしまう…。
あぁ、初めて会った時から、彼女のこの瞳に惹かれていたのだ、と。
そして彼女がそうしたように、僕も心の中で決意をあらたにした。それは、何があろうとも、彼女を守るということだった。
華奢な体に不釣り合いなほど、力強く前を向き続ける瞳を、僕は守ってみせる…!

11:02  |  その他  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2011'03.19 (Sat)

地震怖かった・・・

お久しぶりです。要人です。

テンプレを変えてみました♪ 以前、儀式人の楽園書いてたときのものです♪

皆様、いかがお過ごしでしたか?


さて、先週の地震、本当に大変でしたね。

私の知人親戚も東北にいたので心配しましたが、全員無事だったので何よりです。

ですが甚大な被害に見舞われた方、大切な人を亡くされた方などたくさんいるでしょう。

心よりご冥福をお祈りします。

私の兄も現在、仙台の病院で患者さんのために一生懸命頑張っているとのこと。

今、被災地で復旧活動に励んでいる人も、避難所で辛い思いをされている人も、

どうか、どうか

頑張って下さい!




過去の作品集です。

私の星乞譚。~孤独なライオンと小さな王~
 これはまだ、夜の天空に今の半分以上も星がなかった頃のお話。
 そして星を乞い願い、星座を結ぶことを強く望んだ人々のお話。

なんしきっ!
 困惑したように小首を捻って考え込む安西。テニス、まではもちろん知っているが、ソフトテニスという単語に解釈がない。
「なに? テニスってソフトとかハードとかってあるの? なんだかコンタクトレンズみたいね」

儀式人の楽園
 ここ、『フェリスタシオン迎賓館』は幸福と輝きに満ち溢れた、一つの楽園のようなものだ。
結婚式の主役はあくまで新郎新婦だが、
 そんな主役に仕える我々、一人一人のスタッフにとってここは『儀式人の楽園』なのである。

「萌え」と剣
 24年前に生き別れになった父親・邦夫に会うため東京に向かう正宗。彼の胸の中には歓喜と不安が葛藤を繰返していた。
 何故ならば、父が指定した再開の場所は「メイド喫茶」だったから…。
父と息子。萌えと武士道。メイド喫茶と理想のサービス。これはそんなお話です。

「ヨーグルト……。……いいえ、ケフィアです!」

どこまでもひたむきで、真っ直ぐで、目の奥に強さを秘めた瞳を輝かせる彼女。
その瞳に見つめられると、僕は心の底にある淡い気持ちを再認識させられてしまう…。
あぁ、初めて会った時から、彼女のこの瞳に惹かれていたのだ、と。
そして彼女がそうしたように、僕も心の中で決意をあらたにした。それは、何があろうとも、彼女を守るということだった。
華奢な体に不釣り合いなほど、力強く前を向き続ける瞳を、僕は守ってみせる…!

20:31  |  その他  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'10.09 (Sat)

最近の私信

どうも、お久しぶりです。要人です。

会社で微妙に昇進しました。

ギックリ腰になりました。

ネトゲにハマってます。


でも、相変わらずちゃんと小説は書いてます。つらつらと。

これだけは止めれません。


皆様はいかがお過ごしですか?
00:49  |  その他  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'06.19 (Sat)

落ちました

皆様、お久しぶりの要人です。

題名にもあるように、落ちました。

とある小説大賞に応募していた作品が、見事に一次選考で落ちてしまいました。


……あぁ、マジでガッカリです。なまじ自信があったばっかりに、心底落ち込んでいます。

一次選考を突破出来ない作品なんてね、文体がおかしいか作品全体のバランスが悪いか、

レーベルのカラーに合わないか、とにかく小説として頂けない内容らしいんですよ。

だから本当は改稿して他の大賞に応募しようかとも思いましたけど、諦めが悪いのでスパッと断念します。


ということで、来週の月曜日から復活します!

一次選考すら通らない作品ではありましたが、渾身の出来栄えだと私は思っております!

なので、是非読んでください!

ジャンルは純愛もの! 「初恋」をテーマにした純愛ものですよ!

29歳手前のオッサンが力振り絞って、甘酸っぱい話を恥ずかしげもなく書き綴ってやりましたよ!

自分で書いた作品で自分で読んで、軽く「ウルッ!」ってくるほどの失態っぷりですよ!

この歳になって未だに黒歴史を刻み続けますよ! ちくしょー!


そんな作品ですが、是非読んでみて下さい。

題名は「私の星乞譚。 ~孤独なライオンと小さな王~」です。お楽しみに♪




……あぁ! 本当に落選くやしい! 次こそは! 次こそはーー!!!!

あ、もう一つに別の大賞に応募したのがありました。たぶん来週に発表かも。
09:57  |  その他  |  CM(3)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。